[12][work][slideshow]
Loading...

岐阜の石場建て 木こり会


2月

お施主様と八百津の山へ木を伐りに行ってきました。
この家の柱梁の構造材や、仕上げの板材に使う木です。


ここは天然林なので、発芽した年代によって太さもバラバラですし、杉や桧が適当に生えてます。
人工林の場合は、人の手で苗木を植えているので、太さもほぼ同じで、規則的に並んでます。


お施主さんも、木こりさんに教えてもらいながら伐採中。


僕は、枯れ枝集めて焚きもの係。


今まで50年以上生きてきた木を伐る瞬間に立ち会うと、「家を作らせて頂く」という自然と素材への感謝の気持ちが溢れてきます。
このような素材を使って家を作る時に、デザインとか家の性能・・などと言っていることが、ちっちゃなことに感じてきますね。

お施主様にとっても、自然や素材を実際に見て知る事、職人さんと実際に話して知る事は、家への愛着を持ってもらう為に一番大切な事です。
製材され値札を貼られ並んでいる木は商品として見みてしまいますが、山で見る木はお施主様にとってこれから一緒に暮らしてく存在ですからね。


木が倒れる瞬間。

葉っぱの雪が舞い上がり、木々の隙間から漏れる光に反射して、とても綺麗な時間でした。

岐阜の石場建て 8299656859366705320
ホーム item